High BIcホームページ

ハイビックホームページの特徴

ハイビックホームページ高品質・低価格JPG
ハイビックホームページ特徴JPG

テンプレートから選定・写真をお客様で用意・電子メールでの打ち合わせのみ、3点によるコストを大幅削減

ハイビックホームページ特徴-手帳の写真 【通常のホームページ会社】
通常のホームページ会社は、どのようなホームページを作成するのかを綿密に連絡を取り合い、何度も会議をしたりお伺いしたりする事がほとんどです。
ホームページのコンセプトが決まったら、次はワイヤーフレームという図形を作成します。大工でいう基礎工事を行い、このような土地にこのような建物を作成しますがよろしいでしょうか?また写真をプロに撮影していただき、素材を揃えたり・・・と言うように作成までのスピードがとても遅く、作成にかかるコストはかさむばかりです。

【ハイビックホームページ】
①ハイビックホームページは予め用意してあるテンプレートから選んで頂き、そのテンプレートに従って作成致します。(レスポンシブサイト・スマホサイト・メールフォーム付)
②写真などの素材についてはお客様に用意して頂き、メールから当社へ送信していただき、HP作成を実施します。
③全国のお客様に対応する為の理由として、メールのみの打ち合わせで完結します。(※メール対応のみ)

当社の社員が少数精鋭作業でHP全体の8割を作成し2割(商品や・求人広告等)をお客様に作成していただくスタイルを実現しました。
要望に応えながら作成→公開まで最短スピードで作成致します。

CMSでホームページ内容を専門知識がなくても自在に変更する事ができます

ハイビックホームページ特徴ーCMS説明キーボード 【CMSとは?】
Contents Management System コンテンツマネジメントシステム/コンテンツ管理システム の略語で、CMSと呼びます。CMSで何が出来るのか?といいますと、プログラミングの知識がなくても、ホームページ上のテキスト文章や画像の変更などを一元管理することが容易に出来ます。日々更新があるページなどを管理する際にCMSを設置する事でホームページの運用効率を上げることができます。

【通常のホームページ会社】
通常のホームページ会社では、商品を変更してほしい等は連絡し、変更するまでに2-3日かかった等、よく聞きます。スピードが命である業界では致命的だと思いませんか?たとえば、明日急遽キャンペーンを実施することになったのでホームページ更新しておいてほしい等よくあるかと思われますが、そこですぐに更新出来ればよいのですが、Webを管理している業者でないと更新することが出来ないといった事がよくあるようです。

【ハイビックホームページ】
ハイビックホームページでは予め用意してあるCMSにアクセスして、HP内容を操作することが簡単にできます。

CMSサンプル画面
ログイン画面 CMSログイン画面-1
サービス
編集画面
CMSログイン画面-2

ログイン画面から、様々なコンテンツを操作することが出来ます。会社概要からサービス・求人情報など・・リアルタイムで瞬時に反映することが可能となっております。
物販サイトを構築している方は、写真のUPなどから、商品名・説明・価格などを反映することが可能となっております。複雑な知識は必要ありません。ワープロ感覚、スマホ操作感覚で、HPに情報を素早く反映することが出来ます。

<< 前のページに戻る